バイオイルの使い方完全ガイド!使う順番や、ブースターとして使う方法。

「バイオイルが、何やら万能でめちゃめちゃ良いらしい」

とよく言われていますし、私も実際に使ってみてその使い心地に衝撃を受けました。

 

とはいえ、

悩んでいる方
バイオイルを使う順番はいつ?
悩んでいる方
バイオイルをブースターとして使うには、どうすればいいの?

と、悩んでいる方も多いと思います。

 

そこでこの記事では、バイオイルも基本的な使い方や使う順番について、美容ブロガー視点で解説していきます。

 

具体的には、

の順番で、大切なポイントだけに絞ってお話ししていきます。

 

全部で3分程度で読めますし、読むだけでバイオイルの使い方をマスターできるのでぜひ最後までお付き合いください。

 

 

   

バイオイルの基本的な使い方を、動画で解説!

バイオイルの使い方

まずは、バイオイルの使い方を動画で解説します。

  1. 手のひらに適量(1~2滴)出す。(※出しすぎるとべたつきの原因になります)
  2. バイオイルを両手に広げます
  3. ハンドプレスしながら、優しくお肌になじませます

 

バイオイルを使う順番は?おすすめな使い方4通り!

バイオイルの4つの使い方

バイオイルは、フェイシャルケアからボディケア、ヘアケアまで全身に使える万能オイルです。

個人的にススメな使い方はこの4つ。

この4つの使い方について、詳しくお話していきます。

 

(1)バイオイルを”導入液(ブースター)”として使う

洗顔後、いちばん最初にオイルをお肌につけることでお肌がやわらかくなります

オイル(油分)は、水分よりもお肌になじみやすいという性質を持っています。

 

バイオイルを導入液(ブースター)として使うことで、お肌をやわらかくして、このあとに使う化粧水をお肌に浸透しやすくしてくれます。

 

バイオイルを導入液(ブースター)として使う場合は、ほんの数滴を薄くお肌になじませるようにお使いください。

量がおおすぎると、ベタつきの原因になります。

 

▼バイオイルをブースターとして使う場合の手順

  1. 洗顔
  2. バイオイル
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液(クリーム)

 

(2)バイオイルを”スキンケアのふた”として

バイオイルのキャップ部分

肌表面をバイオイルでラッピングすることで、化粧水で与えたうるおいをしっかりお肌に閉じ込め、保湿力を強化してくれます。

 

化粧水は、お肌に水分を与える役目があります。

そのあとにバイオイルを使って油分をプラスすることで、水分と油分のバランスがとれたお肌をキープすることができます。

化粧水だけでは油分が足りず、お肌から皮脂が多く分泌されて化粧崩れやテカりの原因に…ということも想定できるので、スキンケアの最後はしっかり油分でふたをするのがベスト。

 

最初はまず、少量(1~2滴)から始めて、自分にとっての適量を探ってみてください。

 

▼バイオイルを化粧水後に使う場合の手順

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. バイオイル

 

(3)バイオイルを”ボディオイル”として使う

ベタつかず、すぐにお肌になじんでくれるバイオイルはボディケアにもオススメ。

バイオイルは、もともと「キズ後のケア(ボディケア)」に使われていたオイルです。

 

世界中(130国以上)で愛されている美容オイルで、他の国ではボディケアとしても使われており、日本でも「妊娠線のケア」アイテムとして広く知られています。

 

気になる体の傷あとに適量を毎日なじませると、保湿成分がしっかりとケアしてくれます。

使うときは、クルクルと円を描くようにマッサージをしながらなじませるのがおすすめ。

※妊娠されている方の場合には、安定期に入ってからのごしようがおすすめ。

 

(4)バイオイルを、リキッドファンデーションにプラスして使う

バイオイルはファンデーションにプラスするのもおすすめ

「毎日使っているファンデーションだと、カサついた仕上がりになる」

という方は、バイオイルをリキッドファンデーションにプラスするのがオススメ!

 

リキッドファンデーションにバイオイルをプラスすることで、油分の割合が多くなって保湿力がUPし、結果、お肌がカサつきにくくなります。

 

リキッドファンデーションとバイオイルを混ぜるときは、バイオイルの量に注意!

1滴ずつリキッドファンデーションに混ぜていきながら、自分にとっての最適な量を見つけましょう。

 

▼リキッドファンデーションにバイオイルを混ぜるときの手順

  1. リキッドファンデーションを手に出す
  2. リキッドファンデーションの上に、バイオイルを1滴たらす
  3. 指で、リキッドファンデーションとバイオイルを混ぜる
  4. バイオイルの量を調整する(混ぜすぎるとテカ利の原因になるのでNG)

 

バイオイル 60ml
バイオイル
   

「バイオイル」と「バイオオイル」の違いって何…?

「ネットでバイオイルを買ったつもりが、バイオオイルって書いてる…これって偽物?」

と不安になる方もいらっしゃると思います。

 

▼バイオイル

バイオイルのパッケージ

▼バイオオイル

バイオオイルのパッケージ

これ、偽物ではなく「海外で販売されているか、日本で販売されているか」の違いなんです。

ネット通販で売られている「並行輸入品(海外で販売しているものを日本に輸入して販売しているお店)」と書かれているバイオイルを買った場合、「バイオオイル」が届く可能性があります。

 

海外で販売されている「バイオオイル」と日本で販売されている「バイオイル」では、成分が若干異なる場合があります。

 

私自身両方使ったことがありますが、正直使い心地にそこまで差を感じることはありませんでした。

でも、人によっては「バイオオイル使ったらお肌が荒れた!偽物だ!」とおっしゃっている方もいらっしゃいます。

 

不安な方は、「安いからネットで買おう!」ではなく、ドラッグストアなどで売られているバイオイルのパッケージが「バイオイル」になっているか確認して購入するのがおすすめです。

 

バイオイルの効果とは?

バイオイルに期待できる効果

バイオイルのすごいところは、何と言ってもその保湿力。

バイオイルに配合されている「ピュアセリンオイル」が、お肌の奥までスーッと浸透し、奥からしっかりお肌をうるおいしてくれます。

「高い保湿効果」と「ベタつかない」を両立させるため、12年かけて独自に開発された成分が「ピュアセリンオイル」です。

 

バイオイルのカギとなる成分”ピュアセリンオイル”

バイオイルのピュアセリン効果

ピュアセリンオイルの特徴は、バイオイルに含まれる美容成分を、お肌の角質層の奥にまでしっかり届けてくれるというところ。

 

エモリエント成分である植物由来成分と、抗酸化成分であるビタミンA、E。

エモリエント成分:お肌から水分がなくならないようにお肌を守り、お肌をやわらかくキープしてくれる成分

抗酸化成分:アンチエイジングに欠かせない重要な成分

これらには、お肌の角質層にまで浸透しにくいという特徴があります。

 

しかし、エモリエント成分や抗酸化成分をピュアセリンオイルが包み込むことで、お肌の角質層までしっかりと届けることができ、お肌をしっかりとうるおしてくれます。

 

バイオイルを使うことで、期待できる効果

バイオイルのパッケージ

高い保湿力をお肌の内側までしっかり届けてくれるバイオイル。

バイオイルを使うことで期待できる効果を、リストでまとめました。

  • お肌のうるおい
  • 乾燥による小じわ
  • お肌のたるみ
  • お肌のハリ
  • ニキビあとの保湿に

とにかく、今33歳の私には嬉しいことばかり…!

 

バイオイルの使用期限は約2か月!

バイオイルの使用期限

バイオイルの使用期限ついて、公式サイトで以下のような記載があります。

使用する場所や量により差はありますが、60mLの目安としては以下の通りになります。
部分使い :半年くらい
顔のみ :2~3ヶ月くらい
体のみ :1ヶ月半~2ヶ月くらい
顔+体 :1ヶ月~1ヶ月半くらい

せっかくの高品質のオイル、使用期限内に使わないとどんどんその品質は落ちていきます。

 

開封後は、惜しみなく使っちゃいましょう!

 

バイオイル 60ml
バイオイル

 

バイオイル、気になるQ&A

バイオイルQ&A

バイオイルについて、良くいただく質問をまとめておきます!

 

Q1:バイオイルは、メイク前に使ってもいいの?

もちろんおすすめです!

化粧水でお肌を整えた後にバイオイルで蓋をすることで、化粧水でプラスした水分を1日中お肌の中に閉じ込めることができます。

バイオイルでしっかりふたをすることで、めいくのりもよくなるはず!

 

ポイントは、バイオイルがお肌になじんでからメイクに取り掛かること。

バイオイルがまだ表面にあるうちにメイクを始めてしまうと、テカりやヨレの原因になります。

 

バイオイルでスキンケアを仕上げたら、少しだけ時間をおいてメイクを始めるのがおすすめです!

 

Q2:バイオイルの成分を知りたい!

バイオイルの公式サイトに記載されていたものを紹介します!

ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

(引用:バイオイル公式サイト

 

Q3:バイオイルにポンプ式ってある?

すみません!私はポンプ式見たことがないです…!

 

Q4:バイオイル使うと、ベタつくんだけど…

ひょっとしたら、使う量が多すぎてべたついているのかもしれません。

まずは1~2滴をてのひらに伸ばして顔になじませる。

物足りなかったらプラスしていく。

という使い方がおすすめです。

 

Q5:バイオイル、香りはありますか?

私自身香りが苦手なタイプですが、バイオイルの香りはほとんど気になりませんでした。

香りが苦手な方でも、安心して使えると思います。

心配な方は、1度店頭のテスターで香りを確認してから購入するのがいいかもしれません。

 

Q6:バイオイルは、体に使ってもOKですか?

バイオイルは、全身に使える保湿ケアオイルです。

もちろん、体にも使えます。

 

乾燥が気になる部分に、バイオイルを適量なじませてください。

量が多すぎるとベタベタするので、まずは少量をなじませて、物足りなければ少しずつ使でバイオイルを塗っていきましょう。

 

Q7:バイオイルは毛穴に効果ありますか?

毛穴の黒ずみ、毛穴の詰まり、毛穴の開き etc…

毛穴の悩みによって、その原因は異なります。

 

お肌の乾燥が原因で引きおこる「毛穴の詰まり」「毛穴の黒ずみ」は、バイオイルでしっかりお肌を保湿することで改善が期待できます。

 

https://twitter.com/sinnnnnnnnn123/status/1148558143737040896?s=20

 

▼詳しくはこちらぼ記事で解説してます

シミウスを解約したい!電話番号はこちら

毛穴ケアにおすすめな美容オイル7選。毛穴の悩みをなぜオイルで解決できるのか?

2019年8月8日
毛穴の悩みやその原因、対策方法について解説>>>

 

Q8:バイオイルをニキビ跡に使うとき、どうやって使えばいいの?

気になるニキビ跡には、指の腹を使ってクルクルと優しくなじませるのがおすすめ。

バイオイルを使い続けることで、ニキビ跡周辺のお肌がやわらかくなり、お肌のターンオーバーが正常に行われます。

その結果、キレイなお肌を取り戻せるんです。

バイオイルは、保湿効果によりキズあと※・ニキビあと※を柔軟にしてキレイに見せます。

(引用元:バイオイル)

 

https://twitter.com/azuma_2112/status/1156550298602631168?s=20

 

バイオイル 60ml
バイオイル

 

バイオイルで、全身うるおい肌を手に入れよう!

毎日にケアに”バイオイル”をプラスするだけで、うるおい成分をお肌の内側までしっかり届けることができ、うるおいたっぷりのお肌を手に入れることができます。

ストレッチマーク対策に使われる方御おいバイオイルですが、もちろんお肌にも効果的。

 

まずは1度、バイオイルを1本使いきってそのお肌の変化を自分で確かめてください。

バイオイル 60ml
バイオイル

 

▼こちらもよく読まれています

スクワランオイルの適量は?

美容オイル比較ランキング2019|人気20選からおすすめ1位を発表!

2016年11月9日
美容ブロガー厳選!価格別、悩み別、年代別におすすめの美容オイル教えます>>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/美容ブロガー)

6年間コスメ関連の会社に勤めた経験から、コスメ・美容に関して興味を持ち始めました。デパコス~プチプラまでいろいろなコスメを使う中で、本当におすすめなコスメやイマイチなコスメを本音で紹介中。ズボラだけどきれいになりたい、楽してきれいになる方法を紹介中。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。