バイオイルの使い方まとめ!愛用歴2年の私が徹底的に解説します。

なっちゃん
バイオイル歴2年!美容ライターのなっちゃんです!
  • バイオイルって…何?
  • どうやって使えばいいの?

あなたは、こんな風に思っていませんか?

 

この記事では、愛用歴2年の私が、どんな風にバイオイルを使っているのか紹介しています。

ぜひ、この記事を読んであなたにピッタリなバイオイルの使い方をマスターしてくださいね!

 

 




バイオイルの基本的な使い方を動画で解説!

まずは、バイオイルの使い方を動画で解説します。

  1. 手のひらに適量(1~2滴)出す。(※出しすぎるとべたつきの原因になります)
  2. バイオイルを両手に広げます
  3. ハンドプレスしながら、優しくお肌になじませます

 

愛用歴2年の私がおすすめする、バイオイルの使い方4つ!

バイオイルは、フェイシャルケアからボディケア、ヘアケアまで全身に使える万能オイルです。

個人的にススメな使い方はこの4つ。

  1. バイオイルを「導入液(ブースター)」として使う
  2. バイオイルを「スキンケアのふた」として使う
  3. バイオイルを「ボディオイル」として使う
  4. バイオイルを「ファンデーション」にプラスして使う

この4つの使い方について、詳しくお話していきます。

 

(1)バイオイルを”導入液(ブースター)”として使う

洗顔後、いちばん最初にオイルをお肌につけることでお肌がやわらかくなります

オイル(油分)は、水分よりもお肌になじみやすいという性質を持っています。

 

バイオイルを導入液(ブースター)として使うことで、お肌をやわらかくして、このあとに使う化粧水をお肌に浸透しやすくしてくれます。

 

バイオイルを導入液(ブースター)として使う場合は、ほんの数滴を薄くお肌になじませるようにお使いください。

量がおおすぎると、ベタつきの原因になります。

 

▼バイオイルをブースターとして使う場合の手順

  1. 洗顔
  2. バイオイル
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液(クリーム)

 

(2)バイオイルを”スキンケアのふた”として

肌表面をバイオイルでラッピングすることで、化粧水で与えたうるおいをしっかりお肌に閉じ込め、保湿力を強化してくれます。

 

化粧水は、お肌に水分を与える役目があります。

そのあとにバイオイルを使って油分をプラスすることで、水分と油分のバランスがとれたお肌をキープすることができます。

化粧水だけでは油分が足りず、お肌から皮脂が多く分泌されて化粧崩れやテカりの原因に…ということも想定できるので、スキンケアの最後はしっかり油分でふたをするのがベスト。

 

最初はまず、少量(1~2滴)から始めて、自分にとっての適量を探ってみてください。

 

▼バイオイルを化粧水後に使う場合の手順

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. バイオイル

 

(3)バイオイルを”ボディオイル”として使う

ベタつかず、すぐにお肌になじんでくれるバイオイルはボディケアにもオススメ。

バイオイルは、もともと「キズ後のケア(ボディケア)」に使われていたオイルです。

 

世界中(130国以上)で愛されている美容オイルで、他の国ではボディケアとしても使われており、日本でも「妊娠線のケア」アイテムとして広く知られています。

 

気になる体の傷あとに適量を毎日なじませると、保湿成分がしっかりとケアしてくれます。

使うときは、クルクルと円を描くようにマッサージをしながらなじませるのがおすすめ。

※妊娠されている方の場合には、安定期に入ってからのごしようがおすすめ。

 

(4)バイオイルを、リキッドファンデーションにプラスして使う

「毎日使っているファンデーションだと、カサついた仕上がりになる」

という方は、バイオイルをリキッドファンデーションにプラスするのがオススメ!

 

リキッドファンデーションにバイオイルをプラスすることで、油分の割合が多くなって保湿力がUPし、結果、お肌がカサつきにくくなります。

 

リキッドファンデーションとバイオイルを混ぜるときは、バイオイルの量に注意!

1滴ずつリキッドファンデーションに混ぜていきながら、自分にとっての最適な量を見つけましょう。

 

▼リキッドファンデーションにバイオイルを混ぜるときの手順

  1. リキッドファンデーションを手に出す
  2. リキッドファンデーションの上に、バイオイルを1滴たらす
  3. 指で、リキッドファンデーションとバイオイルを混ぜる
  4. バイオイルの量を調整する(混ぜすぎるとテカ利の原因になるのでNG)

 

おすすめ!

 

バイオイルの使用期限は?

バイオイルの使用期限ついて、公式サイトで以下のような記載があります。

使用する場所や量により差はありますが、60mLの目安としては以下の通りになります。
部分使い :半年くらい
顔のみ :2~3ヶ月くらい
体のみ :1ヶ月半~2ヶ月くらい
顔+体 :1ヶ月~1ヶ月半くらい

せっかくの高品質のオイル、使用期限内に使わないとどんどんその品質は落ちていきます。

 

開封後は、惜しみなく使っちゃいましょう!

 

バイオイルで、全身うるおい肌を手に入れよう!

毎日にケアに”バイオイル”をプラスするだけで、うるおい成分をお肌の内側までしっかり届けることができ、うるおいたっぷりのお肌を手に入れることができます。

ストレッチマーク対策に使われる方御おいバイオイルですが、もちろんお肌にも効果的です!

 

今年の冬は、バイオイルをプラスして乾燥対策を万全に!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/ブロガー)

正社員時代、女ばかりの社内抗争に巻き込まれ、給料が手取り22万→18万に減らされた経験からフリーランスに転向。30歳からライター&ブロガーに。32歳で月収50万突破。学歴&資格なしでも、自分の力で稼げることを証明中。株式会社MeeeのCPO。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。