宿便の出し方とは?大根+梅干し=梅流しで宿便を出す方法を解説

SPONSORED LINK

なっちゃん
万年便秘に悩んでいる、美容ブロガーのなつこです。

 

  • 気づいたらうんち2・3日出てない…
  • 宿便を出したい!

あなたは、こんな風に悩んでいませんか?

私も、15年以上便秘に悩んでいるひとりです。

 

でも、実は「宿便」という言葉に出会い、宿便を出す方法を知ってからは、あまり下痢に悩むことがなくなりました。

そして、そのきっかけとなったのが、大根+梅干し=梅流しで宿便をすっきり出す方法でした。

 

もし、大根と梅干の相乗効果を知らなければ、これから先もずっと、ガンコな便秘に悩み続けるかもしれません…。

 

そうならないためにも、今回は、大根と梅干でお腹をスッキリとさせる方法について、お話いたします。

 




宿便とは、便秘により腸内に長く滞留している便

宿便とは、便秘により腸内に長く滞留している便のことを言います。

宿便(しゅくべん)とは、便秘により腸内に長く滞留している糞便のことである。必要な場合には治療として浣腸などが行われる。滞留便(たいりゅうべん)とも呼ばれることがある。

(引用元:Wikipedia

分かりやすく言うと、水道管の内側にこびりついたヘドロのような古い便を指すそうです。

数日間溜まっている便=宿便と、言われています。

 

「私は毎日うんちしてるから大丈夫!」と思ったあなた!

便(うんち)は、宿便の内側を通り抜けて出てくるので、毎日便通のある人でも宿便が溜まっているんだとか…。

 

本当は便(うんち)として排出されないといけないものがそのまま残って、腸の中で腐敗していく…(考えただけでも恐ろしい…)

腸の中に残った便(うんち)が宿便として、腸の中にたまり続けるんです。

大腸の中に宿便(腸の中に便が残った状態)が多く、動的便秘状態で食べた量に見合った排便量がなく、毎日少しずつ便が腸管の中に動的平衡状態として残ったためにおこる便秘症といえます。

(引用元:便秘の話

 

宿便が溜まり続けるとどうなる?

宿便が貯まり続けると、次のようなことが起きると言われています。

  • 腹痛
  • お肌が荒れる
  • 体臭
  • 口臭
  • 免疫力が低下する
  • 大腸がん

ここにあげたのはほんの一例です。

便秘が原因でお肌が荒れる!ということを聞いたことがある女性も多いのでは?

なっちゃん
美肌をキープするためにも、宿便は出した方が良さそう…!

 

大根+梅干し=梅流しでなぜ宿便を出せるのか?

なっちゃん
宿便を出さなきゃいけないことはわかったけど、どうやって出せばいいの?

と悩んでいる方にお勧めしたいので、「梅流し」という方法です!

梅流しとは?

大根+梅干しを昆布出汁で煮て、その煮汁を飲む+煮た大根・梅干を食べて腸内をキレイにすること

なっちゃん
え?大根と梅干で宿便をキレイにできるってこと…?

と、私自身も半信半疑で梅流しをやってみましたが…

なっちゃん
コレだけでこんなに出るの…!!??

と、めちゃめちゃ驚きました!しかも、めちゃめちゃ出ました!

 

ではなぜ、大根+梅干しで宿便が出るのでしょうか?

 

なぜ、大根を食べると宿便が出るのか?

大根は、非常にデトックス効果が高い食べ物

成分の95%が水分、そのうえ低カロリーなのに食物繊維やビタミンCが豊富で、女子には特におすすめしたい野菜!

大根には、腸の動きを整えてくれる成分が含まれていたり、大根おろしは二日酔いに効果てきめんだったり…

とにかく、おいしいだけではなくて体にもいい食べ物なんです。

 

なぜ、梅干しを食べると宿便が出るのか?

梅干しに含まれている「クエン酸」や「カテギン酸」。

この2つの成分が腸の働きをよくしてくれるので、便がでやすいようにサポートしてくれます。

 

特にクエン酸は、腸の動きを活性化するという働きをします。

そもそも便(うんち)が出るときは、腸が活発に動き、便(うんち)が肛門に押し出されるということが体の中で起こっているんです。

便秘に悩んでいる人(私…)は、腸の動きが活発じゃないせいで、便(うんち)が肛門に押し出されることなく腸の中に溜まったままになっている…と言われています。

 

だから、宿便を出したい!と言う人は、梅干しのクエン酸によって腸の運動を活発化させる必要があります…!

 

なっちゃん
梅干しにそんな効果があったなんて知らなかった…!

 

大根+梅干し=梅流しで、宿便を出す方法

大根 梅干し 宿便

それでは、大根と梅干しで宿便を取り除く方法を解説していきます!

なっちゃん
すごく簡単にできるよ!

 

準備するもの

  • 大根・・・1本
  • 梅干し・・・2~3個
  • 昆布だし・・・適量

お家にあるお鍋のサイズに合わせて、量を調整してくださいね!

 

作り方

それでは、作り方を紹介していきます!

  1. 昆布だしを用意する
  2. 大根を輪切りにして、①の中に入れる
  3. 大根がやわらかくなったら、梅干しを入れて完成!
  4. あとは食べる&煮汁を飲む!

それぞれ、写真付きで解説していきますね!

 

①昆布だしを用意します

大根 梅干し 宿便

今回、つかった昆布さん。

大根 梅干し 宿便

固く絞ったふきんで、昆布の表面を吹き、水のときから昆布を鍋に入れて、火にかけます。

沸騰直前に昆布を取り出すのがポイント!

写真のように、気泡がちょっとずつでてきたら合図です!

大根 梅干し 宿便

ここで、昆布を取り出します。

 

②大根を輪切りにして、①の中に入れて煮る

続いて、大根!

大根を洗って、皮ごと2cm幅に切ります。

皮の栄養価も高いので、そのまま鍋にイン!

大根 梅干し 宿便

たぶん、昆布の量が少なすぎたので(お料理初心者なので、まだうまくだしが取れません・・・)、だしの素を少々足しております。

ここから、大根がやわらかくなるまでひたすらコトコト(中火~弱火)

大根 梅干し 宿便

気付けば、30分くらいはコトコトしていたと思います。

 

③大根がやわらかくなったら、梅干しを入れて完成!

大根が柔らかくなったら、梅干しを投入!

すこしほぐしてから入れてくださいね♪

完成!

⇒お腹がすきすぎて、ここから写真撮るの忘れてました・・・すみません。。。

 

④宿便を出すための食べ方解説!

それでは!いよいよ実食です!

食べる順番をご紹介いたしますね!

  1. 煮汁を飲む
  2. 梅干しを食べて、さらに煮汁を飲む!
  3. 煮大根を食べます
  4. 煮汁→大根・梅干し食べる→煮汁を繰り返す

 

①煮汁を飲む!

大根の煮汁をどんぶりに1杯飲みます。

おっきめのお茶碗にいっぱい入れて、ひたすら飲む!

本だしいれたおかげか、ホッっとする味に仕上がってました♪

梅干しの酸味がまたいい感じ!!

 

②梅干しを食べて、さらに煮汁を飲む!

梅干しを食べて、さらに煮汁を“もう飲めない”くらい飲みます。

・・・と手順にあったんですが、煮込みすぎて煮汁が減っていたので、私はここをスキップ!

*早い方は、その時点でトイレに行くことも。

 

③煮大根を食べます

煮汁を”もう飲めない!”というくらい飲んだら、煮大根を食べます。

大根食べて、梅干し食べて!をひたすら繰り返す!

 

④煮汁→大根・梅干し食べる→煮汁を繰り返す

残っていた煮汁(茶碗1/3くらい)を飲み干します。

残っていた大根(6切れくらい)を食べ干します。

・・・サイトにのっている食べ方をするためには、かなり大きめのお鍋が必要です!

次回は気を付けよう!

 

【やってみた!】本当に宿便が出たのか?結果発表!

結局、煮汁は大き目の茶碗1.5杯、大根10切れくらいを間食しました。

なっちゃん
ん?特に変化ないけど…

「もう飲めない、というくらい煮汁を飲んだら」って書いてたけど、煮込みすぎ&最初の水が少なすぎたかな…と不安になってきました。

焦ってもしょうがないと思って、食べ終わってテレビ見てると、お腹から「キュルルー♪」と消化しているような音が・・・!

いつもとは明らかに違う音!

 

なっちゃん
ん?そろそろ出るかな…?

と思ってたら、またお腹から「キュルルー♪」と…!

便意さんがやってきたので、トイレでスタンバイ!

結論から言いますと・・・しっかり出ました!しかも、すぐ出てくれました!

いつもとはちょっと違う感じの水便?も出て、お腹スッキリな感じです。

このデトックスのポイントは

  • 梅干し入りのあたたかい煮汁をたくさん飲む
  • 煮大根をたくさん食べる

こと…!

 

なっちゃん
大根+梅干しパワー、おそるべし!!

今後、様子を見て、週末に実践していこうと思います!!

 

頑固な便秘に悩んでいる方、コーラックなどの薬になんとなく抵抗がある方、おすすめですよー!

こんなに速攻結果が出るとは、私自身も思っていなかったのでビックリしてます!

お腹スッキリ!実際に試してみて分わった、頑固な便秘に効く食べ物まとめ2選

2016.10.16

ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/ブロガー)

正社員時代、女ばかりの社内抗争に巻き込まれ、給料が手取り22万→18万に減らされた経験からフリーランスに転向。30歳からライター&ブロガーに。32歳で月収50万突破。学歴&資格なしでも、自分の力で稼げることを証明中。株式会社MeeeのCPO。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。