キールズ「クリームUFC」で乾燥知らずの潤い肌に。3つの特徴と使い方まとめ

SPONSORED LINK

こんにちは!
日本化粧品検定3級、美容ブロガーのなつこです。

あなたは、乾燥知らずのうるおい肌を手にいれたい!と思った経験はありませんか?

キールズ ウルトラフェイシャルクリーム UFC

私も、1年中“うるおい美肌”を手にいれたい!と、今までにアイテムを試してきました。

 
いろいろなアイテムを試してきた中で、「コレ・・・いい♡」とおもえたアイテムが、キールズのクリームUFCでした。

 
キールズのクリームUFCは、美容家のIKKO(イッコー)さんが、雑誌で“使わなき損!!なくらい売り上げNO.1の傑作クリーム”と紹介し、話題になったアイテムです。

 
クリームUFCには、研究を重ね厳選された3つの成分が配合されており、シンプルながらもお肌を乾燥からしっかり守ってくれます!

 
もし、クリームUFCの使い方を知らなければ、うるおい美肌を手にいれることができず、これからも砂漠のようなお肌のままかもしれません・・・。

そうならないためにも、今回は、クリームUFCの特徴や使い方について、お話いたします。

 
それでは、まいりましょう。

 

キールズの保湿クリーム「キールズクリーム UFC」が世界的に注目されたきっかけ

キールズ ウルトラフェイシャルクリーム UFC
キールズのアイコン的クリーム、クリーム UFC(ウルトラフェイシャルクリーム)

キールズ クリーム UFC(ウルトラフェイシャルクリーム)が開発されたきっかけは、グリーンランド登頂を目指す探検家の肌を守ることだったそうです。

 
「クリーム UFCが、極寒の地で肌を守ってくれたことに感謝!!」
登頂を終えた探検家たちからは、こんな喜びの声が上がったそうです。

この出来事が、キールズが世界的に注目されたきっかけだったと、今でも伝えられています。

 

キールズクリーム UFCの特徴は”3つの成分”

キールズUFCクリームの最大の特徴は、研究を重ね厳選された3つの成分にあります。

 

(1)天然保湿オイル、スクワラン

スクワランは、お肌の中にもともとある、うるおい成分です。

汗や水分と混じり合い、天然のクリームともいわれる、スクワラン。

お肌の上で皮脂膜となって、乾燥や紫外線から守ってくれます。

 

(2)保湿成分:アンタークチシン

糖タンパク質を含むエキスで、南極の氷河で生活している微生物から採取できる成分。

保湿力があり、お肌の水分をキープしてくれます。

 

(3)保湿成分:チガヤ根エキス

カリウムを豊富に含む成分で、オーストラリアなどの砂漠にあるイネ科の植物から採取できる成分です。

お肌への水分補給をサポートし、うるおいを与えます!

 

キールズの保湿クリーム、芸能人にも大人気です。

美容家のIKKO(イッコー)さんが、雑誌「美人百花」で
「使わなき損!!なくらい売り上げNO.1の傑作クリーム」
と、紹介してました☆

他にも、平子理沙さん、紗栄子さん、中村アンさん、優木まおみさんetc・・・

芸能人の方も、クリーム UFC(ウルトラフェイシャルクリーム)を愛用されているそうです☆

 

キールズの保湿クリーム”クリーム UFC”の使い方は?

朝晩、使うことができます!

  1. 洗顔後、化粧水や美容液でお肌を整える
  2. クリーム UFCパール粒大(8mm玉程)をてのひらに伸ばす
  3. ハンドプレスしながらやさしくなじませる

これでOKです!

 

【レビュー】キールズ”クリーム UFC”使ってみました!

スクワランのとろけるような軽いテクスチャーがふっくらとした柔らか肌へと導きます。

スーッと肌になじむ使用感で、年間を通して季節を問わず、すべての方にお使いいただけます。

キールズ UFC

テクスチャーはジェル状ですごく柔らかいんです!

お肌にすーっと伸びて、あっという間になじんでくれますよ。

私の場合、お肌への刺激も全く感じません。
キールズ UFC

クリーム UFC(ウルトラフェイシャルクリーム)を使うと、お肌が劇的に変わる!
・・・というわけではないんです。

しかし、使い心地がとにかくよくて、1年中、安心して朝晩ストレスなく使える、お肌が安定しているという点が、人気の秘訣だと思います。

シンプルながらも実力派。

たくさんの女性に合いさえているクリームを、是非いちど使ってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

6年間勤めた会社を辞めてフリーのWEBライターに。座右の銘は「初対面の勢いの良さ」。「いい奥さんになれそう!」と言われ続けてるのに、いまだに結婚できない30代女。ブログ月商9万円以上、月間6万PV以下。最も姉御感が強いブロガー(自称)。