ツイートの内容が全く違う方向に伝わって、力不足を体感した。

SPONSORED LINK

こんばんは。なっちゃんです。

昨日の夜、こんなツイートをしました。

これ、ちょっとある人の態度を見て思ったことがあって、こんな風にツイートしました。

 

…が、昨日の夜から今日にかけて、「会社員をバカにするな」「またフリーランスが会社員ディスってる…」「フリーランスが偉いのか?」というコメントが多数寄せられました

 

この反響の多さに、正直めちゃめちゃ驚きました。

なぜなら、私としては、「会社員をバカにしたつもりは、一切なかった」から。

 

でも、結局は私の伝え方が悪くてそんな風に伝わってしまった。

不快な思いをされた方、ごめんなさい。

 

今回は、このツイートに込めた、140文字では書ききれなかった「このツイートで伝えたかったこと」を書いておきたいと思います。




「自分の力で稼ぎたい!」なら、自分で努力する力が大切

「自分の力で稼ぎたい!」

「好きなことを仕事にしたい!」

最近、こんな声をよく耳にするようになりました。

 

私自身も、「自分の力で稼げるようになりたい」という想いがあり、正社員→30歳でフリーランスに転向。

 

3年間フリーランスとして働いて、「自分の力で稼ぐということは、自分でしっかり努力できる人だな」ということをすごく感じています。

 

フリーランスになると、全責任が自分になる

フリーランスになると、仕事にまつわる全てのことを自分でやらなければいけません。

  • 仕事を取ってくる
  • 仕事をこなす
  • 経理
  • 確定申告
  • クライアントさんとのやり取り
  • どうやったら仕事をもらえるか?を考える
  • どうやったら稼げるか?を考える
  • 雑務

ここにあげたのはほんの一例。

 

私は会社員→フリーランスになったので、フリーランス1年目はわからないことばかりでした。

保険、住民税、年金、開業届、請求書発行etc…

わからないことがある度にネットで調べ、とりあえずやってみる。

そうやっていろんなことを学んできました。

 

正直めちゃめちゃめんどくさかったし、「もう!わからん!なんこれ!」と役所に電話で問い合わせたこともありました。

でもこれは、「フリーランスになる」という決断をした自分のせいでもある。

だから、めんどくさかったけどひとつひとつ頑張ってきました。

 

どうすればアフィリエイトで稼げるか?必死で模索した9か月間

私のメイン収益はアフィリエイトです。

今でこそアフィリエイトで収益を上げることができていますが、これも1年前から。

  • ブログを開設する
  • とにかく記事を書く
  • 稼ぐ方法をネットで調べる
  • 本を買って勉強する
  • 学んだことを実践する
  • 記事をリライトする
  • ブログを解析する
  • また新しい記事を書く etc…

ここにあげたのは一例ですが、とにかく「どうやったら収益を上げることができるのか?」をひたすら考え、実践し、ようやく9か月後に成果が出始めたんです。

 

「すぐに収益化はできないから、諦める人が多い」

と言われている中、もともとネットが好きだったこともありひたすらPDCAを回しました。

 

「アドセンスで稼ぐための配置」

「Googleアナリティクの見方」

「サーチコンソールの分析方法」

「わかりやすい文章の書き方」

「アフィリエイト記事の書き方」

などなど、その時にぶち当たった問題の解決方法を都度調べて、実践して、わからない言葉が出てきたらまた調べて、実践して…

 

その結果、ようやく収益化に成功したという経験をしています。

 

「ブログで稼ぎたい」と言いつつ、記事を書かない人たちがいる

最近、私がアフィリエイトで稼いでいることから、「ブログで稼ぎたい!」というDMをいただくこともあるし、ブログの相談を受けることもあります。

でもそういう人に限って、結局はあーだこーだと理由をつけて、記事を全然書いていない。

 

また、アフィリエイトで収益化する方法は、いろんな人が記事にしていますし本も出版されています。

でも、「何か、もっと楽に稼げる方法があるんじゃないか?」「自分は違う」という想いから、ノウハウに書かれていることを実践しない。

だから、結局は収益化できない。

 

これは、ブログやアフィリエイトに限ったことではないと思っています。

 

自分で稼ぐためのノウハウは、既に世の中にたくさんある。

でも、そのノウハウに書いていることを実践しない、楽しようとする、努力もせずにすぐに誰かに教えてもらおうとする、すぐに稼げると思っている…

 

「自分の力で稼ぎたい!フリーランスになりたい!でも、努力はしたくない!楽して稼ぎたい!」

こんな人は、結局は自分の力で稼ぐことができないんじゃないかな?と、見てて思うんです。

だったら正直フリーランスという働き方よりも、こういう方は会社員という働き方を選んだ方がいいのでは?と。

 

「会社員=努力しない人」ということではない

今回のツイートで、「フリーランスよりも会社員の方がえらいってこと?」というコメントもいただきました。

会社員とフリーランスの両方経験していますが、それぞれでいい経験ができているので、今の私があると思っています。

私的には、そこに優劣なんてありません。

 

会社員とフリーランスの大きな違いのひとつとして、「給料面」があります。

 

会社員の場合、毎月決まった額がお給料として振り込まれます。(職種にもよる)

私が前務めていた会社では、明らかに私よりもサボッている、仕事中にネットサーフィンしている人の方が、私よりも多くお給料をもらっていました。

すごく極論でいうと、すごくがんばって成果を出してる人も、仕事の合間にさぼってる人も、毎月決まった額のお給料をいただけます。

 

フリーランスの場合、自分が働かないと、仕事を受けないと、稼げません。

やればやるだけ収入は増えますが、サボればサボる分だけ収入は減ります。

 

「ブログで稼ぎたい」と言いつつ、自分でその方法を調べない、教えられたことを全くやらない、稼ぐための努力をしない、必死にならない…

そういう人は、おそらく会社を辞めてフリーランスになっても、自分の力で稼ぐことができないと思う。だから、会社員という働き方を選んだ方がいいよ。

ということを、このツイートで伝えたかったんです。

 

会社員は、全員コツコツ努力もしないし、自分で考える力もないし、給料低いことを会社のせいにしてる!

というわけではなくて、

自分の力で稼ぎたい!フリーランスになりたい!って言うんだったら、覚悟決めて、稼ぐための努力して、どうやったら自分で稼げるか考えて、「教えてくれないから稼げない」なんてことを言うのはやめようね!それができないんだったら、会社員で毎月決まったお給料もらった方がいいよ!(稼げなくてお金の心配につぶされそうになって、精神的につらい思いする可能性があるから)

ということが、このツイートに込めた思いでした。

 

なので、「会社員を批判したい」ということではなく、「自分の力で稼ぎたい!と言いつつ、稼ぐ努力を一切しない人」に本気で自分の力で稼ぎたかったら、必死に努力しようね!、ということを伝えたかったんです。

 

私の力不足でしかない…

自分の本意と全く違う方向にツイート内容が伝わってしまったのは、私の伝え方が未熟ということでしかありません。

「会社員の批判をしたつもりは全くない」と私は思っていても、そう感じた方がこんなに多くいるんだから、発信した私が全面的に悪い。

不快に思われた方、本当にすみませんでした。

 

今回、人生初の炎上して、「炎上したときは反論とかしないでそっと時が過ぎるのを待とう…」と思ってた(調和性2位)けど、ある人から…

もともと言いたかったことがそのまま伝わって炎上ならしょうがないですけど、誤解されたのなら釈明するべきです!

とお言葉をいただき、「そりゃそうだ」と、記事にしてみました。

(今回助けてくださった方のお話はまた後日…かっこよすぎる対応に泣きました)

 

今回のことで、胸の中がザワザワした方もいらっしゃると思います。

ご心配かけてすみません、ありがとうございます。

 

まだまだ未熟な私ですが、引き続きよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/ブロガー)

正社員時代、女ばかりの社内抗争に巻き込まれ、給料が手取り22万→18万に減らされた経験からフリーランスに転向。30歳からライター&ブロガーに。32歳で月収50万突破。学歴&資格なしでも、自分の力で稼げることを証明中。株式会社MeeeのCPO。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。