夏なのに肌が乾燥する!私が実践した「粉ふき対策方法」はコレ!

メイクしたくない日でも、UVケアは大切
なっちゃん
コスメ業界で6年間正社員として働いていました!

美容ライターのなっちゃんです。

 

夏なのに肌が乾燥する…なんで!?

なんで夏なのに粉ふきしてるの…?泣

あなたは、こんな風に悩んでいませんか?

 

2年前の夏、私も肌の乾燥&粉ふきにめちゃめちゃ悩んでいました

なっちゃん
「夏にお肌が乾燥するはずがない」と今までずっと思ってたのに、なんで乾燥するんだろう…?

お肌の調子が悪い原因がわからず、ただただ落ち込んでいました。

 

でも、落ち込んでいるだけでは、お肌の乾燥や粉ふきは全然解決できない…。

 

しかし、そう思っていた私がなんとかお肌の調子を整えることができたのは、

ぜ夏にお肌が乾燥するのか?粉ふきしてしまうのか?を色々と調べて、自分で試してみたからです。

 

今回は、2年前の夏に私が実践した、お肌の乾燥対策&粉ふき対策方法を解説します。

 

 

   

なぜ、夏なのに肌が乾燥するのか?粉ふきの原因は?

夏は、私たちが思っている以上にお肌へ負担がかかっています。

「夏=乾燥しない」「冬=乾燥する」と思っている方がいたら大間違い。

 

外に出ると強い紫外線、あまりの暑さに汗をかく、室内や電車の中では冷房が効きすぎている…

実は、夏にお肌にかかる負担は冬よりも大きいと言われています。

 

まずは、なぜ夏にお肌が乾燥してしまうのか、その原因を4つ解説します。

 

①汗をかくことで、お肌の中がカラカラ状態に

ここ数年続ている、猛暑。

「少し外を歩いただけでも、大量に汗をかく」という経験がありませんか?

わたしたちは、汗をかくことで体の体温を下げようとしています。

 

しかし、汗をかくことでお肌の中の水分やうるおい成分までいっしょに排出されてしまい、結果、お肌が乾燥してしまう…。

 

私自身もすごく汗っかきで、ちょっと駅まで歩くだけで大量の汗をかきます。(夏のお出かけには、タオルとセンスが欠かせない)

汗=お肌の不調につながっていたとは、思いつきもしませんでした…。

 

②紫外線が、お肌を守るバリアを破壊する

わたしたちのお肌の表面には、お肌を守る機能が備わっています。

お肌を守る機能は、

  1. お肌の中の水分が蒸発しないように防ぐ
  2. 微生物や外的刺激がお肌の中に入ってこないように守る

などの役割があり、私たちのお肌を日々しっかりと守ってくれているんです。

 

しかし紫外線を浴びることで、お肌を守る機能が低下し、お肌のトラブルを起こしやすくなってしまうんです…。

また、お肌を守る機能が低下することでスキンケアの浸透も悪くなってしまいます。

 

思い返してみると、去年の夏、日焼け止めを塗り忘れてる時が何日かあったんですよね…。

「日焼け止め塗ってなかった!…まぁいいか」ってそのままお出かけしちゃってました…。

 

③クーラーが効きすぎた部屋にいすぎると、お肌が乾燥する

暑い夏に欠かせないクーラー。

クーラーを使うと、実はお部屋の中の水分がなくなって乾燥した状態になっていきます。

結果、クーラーが効いた部屋にずっといると、お肌の水分も奪われる結果に…

 

暑いと自然にクーラーのリモコンに手が伸びて、気づけば1日中クーラーの効いた部屋にいることがしょっちゅうでした…。

クーラーのせいでお部屋が乾燥しているなんて、今まで思ってもみなかったんです。

 

④「暑いから」と、さっぱりしたスキンケアばかりしてしまう

なっちゃん
夏は、さっぱりしたスキンケアをしたい!

そう思っている方、多いと思います!(私もです!)

 

しかし、ここまで解説してきた通り…

  1. 汗をかく
  2. 紫外線を浴びる
  3. クーラーの効いた部屋に1日中いる

ということを毎日繰り返している私たちのお肌は、カラカラの乾燥状態に陥っています。

 

「冬=保湿ケア!」と思っている方も多いと思いますが、実は夏こそしっかりとした保湿ケアをすることが大切なんです。

 

私も、夏場はやっぱりバシャバシャ系のさっぱりした使い心地の化粧水を好んで使っていたし、乳液の量も「ベタつくから」と少なくしていたんです…。

なっちゃん
これも、夏のお肌の乾燥&粉ふきにつながっていたなんて…泣

 

夏に粉ふきする大きな原因は「うるおい不足」だった!

夏にファンデが粉ふき状態になる…その大きな原因は「うるおい不足」です。

お肌が乾燥していると、お肌の表面の角質がめくれて白く粉をふいたように見えてしまいます。

この上にファンデーションをのせてしまうと、余計に目立ってしまいますよね…。

 

夏に粉ふきが気になる場合は、無理にメイクで隠そうとせずに、毎日のスキンケアを見直すことで粉ふきを解消することができます。

 

\お肌の乾燥には美容オイルがおすすめ!/

※90%がリピート。強引な電話勧誘など一切ありませんでした!

 

夏のお肌の乾燥&粉ふきを防ぐために、私が気を付けたこと3つ!

それでは実際に、私が2年前の夏からお肌の乾燥&粉ふきを防ぐために気を付けていて、実際に効果があったもの3つを紹介します。

今すぐ誰でもできる物ばかりなので、ぜひこの記事を読み終わった瞬間からマネしてくださいね!

 

解決策1:いつも以上に、水分をたくさんとる

私自身、ものすごく汗かっきで、家から駅に歩いていくだけでも汗だくになります。

 

「汗をかく=体の中の水分がなくなる=お肌の乾燥につながる」

ということがわかってからは、今までよりも意識をして水分を取るようになりました。

※1日2リットル目標!

 

今までは、ノドが乾いたら水分を取るくらいの感覚だったので、おそらく1日1リットルちょっとしか飲んでなかったと思います…。

 

いつもより多めに水分を取るだけでお肌の調子が整うなら、嬉しいですよね!

 

是非だまされたと思って、1日2リットルを目標にまずは1週間続けてみてください。

きっと、お肌の違いに驚くはずです。

 

https://twitter.com/kkoonn_blue/status/1135532363612508160?s=20

https://twitter.com/rsmaru/status/1019791027052265472?s=20

 

解決策2:日焼け止め&日傘で、紫外線からしっかりお肌を守る!

「紫外線が、お肌を守る機能を破壊してしまう」ということを知ってからは、今まで以上に対策するようになりました。

 

私が気を付けたのは、主にこの2つ。

  1. 朝洗顔後、乳液代わりに日焼け止めを顔に塗る
  2. 外出時は必ず日傘

つい日焼け止めを塗るのを忘れてしまう私は、乳液の代わりに日焼け止めを塗るようになりました。

日焼け止め=油分なので、乳液代わりに使っても問題ないそうです。(プロの方に教えていただきました)

 

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 日焼け止め(乳液&化粧下地代わり)
  4. ファンデーション

朝、この手順でメイクするようになってからは、日焼け止めを塗るのを忘れなくなったんです!

 

あと、外出時には必ず日傘を使うようになりました。

 

夏のお肌の感動&粉ふきに悩んでいる方、紫外線対策を万全にしましょう!

 

 

解決策3:乾燥肌を防ぐために、美容オイルをスキンケアにプラス!

今までの夏のスキンケアは、さっぱり系の化粧水→さっぱり系の乳液が定番でしたが、「保湿が大切!」ということがわかってからは…

  1. いつも通りの洗顔・クレンジング
  2. 保湿力のある化粧水
  3. 美容オイルで蓋をする

というスキンケアに変えました。

 

今まで、「美容オイル=乾燥がひどい冬に使うもの」だとずっと思いこんでいて、夏に使ったことはなかったんです。

 

でも、なぜ夏にお肌が乾燥するのか?粉吹きの原因は?などを調べていくうちにすべての原因が「お肌の乾燥にある」とわかってからは、

なっちゃん
美容オイルを使うしかない…!

と思い、使い始めるようになりました。

 

「美容オイル=ベタつく」というイメージを持っている方も多いと思いますが、最近の美容オイルはベタつきません!

 

美容オイルには…

  1. お肌の中の水分をしっかりキープしてくれる
  2. お肌をやわらかくしてくれる

という役割があるので、夏場のカラカラに乾いたお肌には欠かせないアイテムなんです…!

 

いつも使っている化粧水で、水分をたっぷりとお肌に補給してあげたあとに美容オイルでフタをすることで、うるおいたっぷりのお肌が完成します。

お肌の乾燥が解消されることで、粉ふきの原因を同時に解消することができます。

 

私は、夏場はHABAのオイルを使っていました!

3カ月分1,512円で使えるし、送料無料だし、何より2,000万本の販売実績がある!ということで、安心して申し込むことができました。

 

\お肌の乾燥には美容オイルがおすすめ!/

※90%がリピート。強引な電話勧誘など一切ありませんでした!

 

https://twitter.com/sayakac_qel/status/1136231588138610688?s=20

 

   

夏の乾燥肌&粉ふき対策で、夏でも1日中美肌をキープ!

私自身も、2年前の夏までは

なっちゃん
なんで夏なのにお肌が乾燥するの!?粉ふき!?

と慌てていました。

 

でも、色々と自分で調べてみてその原因や対策がわかってからは日々対策できるようになり、夏場のお肌の乾燥や粉ふきに悩まなくなりました。

 

  1. 毎日、水2リットルを飲む
  2. 日焼け止め&日傘で紫外線対策をがんばる
  3. 日々のスキンケアを見直す

この3つを心がけることで、お肌に過酷な夏場でも、お肌の乾燥や粉ふきに悩まなくなります。

是非今からすぐに、実践してみてくださいね!

 

 

「スキンケアに美容オイルをプラスしようかな…」と思っている方には、HABAのスクワランがおすすめ!

「夏の乾燥対策に、美容オイル使ってみようかな?」

と思っている方にお勧めしたいのが、HABAのスクワランオイルです。

販売実績2,000万本、コスメ賞も受賞している実力派の美容オイル。

 

HABAのオイルに99.9%の高濃度で含まれている「スクワラン」は、もともと私たちのお肌にある「皮脂」に含まれる成分。

皮脂は、汗や水分と混ざり合い「皮脂膜」になって私たちのお肌を守る役割をしてくれるのですが…

この皮脂膜は、別名天然のクリームと呼ばれています。

皮脂膜は、乾燥や紫外線から私たちのお肌を守ってくれるという役割を持っているので、夏の乾燥・粉ふきに欠かせない成分!と言っても過言はありません。

 

また、スクワランは私たちのお肌にもともとある成分なのでお肌にスーッと馴染んでくれます。

 

使い方も簡単で…

  1. いつものクレンジング・洗顔をする
  2. いつも使っている化粧水で、お肌に水分をプラスする
  3. まだ手やお肌に化粧水が残っている状態で、HABAのオイルを1滴手になじませる
  4. やさしくハンドプレスをして、お肌になじませる

で、OK!

 

▼わかりやすいHABAの使い方動画はこちら

 

  • もともと私たちのお肌にある成分だから、安心して使える
  • スーッとお肌になじんでくれる
  • 2,000万本の販売実績
  • 1回1滴でOKなので、コスパ抜群

という点が気に入っていて、愛用しています!

 

Q1:インターネットで申し込むと、送料が高くないか不安です。

HABAのトライアルセットは、送料無料でお届けしてくれるので送料はかかりません。

 

Q2:インターネットで申し込むと、その後勧誘の電話とかがかかってきませんか?

私の場合、その後勧誘の電話などは一切ありません。

インターネット上でも、「HABAから電話がかかってきた…」というような声は見かけませんでした。

 

Q3:トライアルセット頼んでみたい!けど、どんな支払方法がありますか?

HABAのオンラインショップでは、3つの支払い方法を利用できます。

  1. クレジットカード(JCB/VISA/マスター/UC/DC/AMEX/NICOS)
  2. 代金引換(代引き手数料無料)
  3. コンビニ・郵便振替
    ※商品といっしょに専用払込用紙(郵便局・コンビニエンスストア共通)が入っています。記載の期日内にお支払いください。

 

注文するときに、好きな支払方法を選べますよ!

 

Q4:開封後の使用期限は…?

HABAのオイルは、スクワランを高純度(99.9%)で配合しているため、「安定しているオイル」とされています。

そのため、防腐剤などは一切入っていないにもかかわらず、「未開封3年」「開封後1年」の使用期限だそうです。

 

Q5:何歳でも使えるの?

HABAのオイルは、年齢関係なく幅広い年齢の方が使えるオイルです。

 

Q6:届いた後に、返品できますか…?

HABAのオンラインショップでは、開封後の商品であっても返品・交換を受けていただけます。

返品希望の場合、専用のフリーダイヤルに電話すれば返品方法など詳しく案内してくださいます。

 

ロングセラー商品のHABA「スクワランオイル」で、夏でも乾燥知らず、粉ふき知らずの美肌を手に入れましょう!

いつものスキンケアに1滴プラスするだけで、今のお肌の悩みから解放されます。

 

\お肌の乾燥には美容オイルがおすすめ!/

※90%がリピート。強引な電話勧誘など一切ありませんでした!

 

 

▼この記事もよく読まれています

美容オイルの基礎知識

HABAスクワランオイルを使ったら、肌の水分量8%UPした【レビュー】

2019年5月30日

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/美容ブロガー)

6年間コスメ関連の会社に勤めた経験から、コスメ・美容に関して興味を持ち始めました。デパコス~プチプラまでいろいろなコスメを使う中で、本当におすすめなコスメやイマイチなコスメを本音で紹介中。ズボラだけどきれいになりたい、楽してきれいになる方法を紹介中。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。