トリニティラインの薬用美容液は、お肌の「隠れ炎症」に着目したコスメです

SPONSORED LINK

肌の「隠れ炎症」を鎮めるために作られた薬用美容液「shi zu me(鎮)」の魅力をご紹介いたします。

知らないうちに起こしている、お肌の「隠れ炎症」

トリニティライン
お肌の内部では、毎日の「紫外線」「寝不足」「乾燥」などの刺激により、気づかないうちに小さな炎症が発生しています。若いころは、お肌の自己回復力もしっかりとあり、「小さな炎症」は自然に解消されています。

ところが、年齢とともに「お肌の自己回復力」が低下してしまい、炎症によるダメージは、解消されないままお肌に溜まっていき、これが「隠れ炎症」につながり、肌老化の大きな原因となります。

隠れ炎症が原因となり、肌老化が進むと、お肌の美しさを支える「コラーゲン」まで破壊され、シミ、シワ、たるみなどを引き起こします。


大切なのは、小さな炎症のうちにケアすること

トリニティライン
「隠れ炎症」は、誰のお肌にも潜んでいます。

大切なのは、肌老化の大きな原因となる前の「小さな炎症」のうちに、しっかりとケアすること。ここで鎮めておくか、くすぶったまま放っておくかで、今後のお肌が変わってきます。


トリニティラインの薬用美容液は、お肌の「隠れ炎症」に着目したコスメです

トリニティライン
そんな、お肌の「隠れ炎症」に着目して開発されたコスメ、トリニティラインの薬用美容液 鎮(shi zu me)

隠れ炎症を抑えて肌荒れを防ぎながらも、しっかりとお肌にうるおい補給ができます。

トリニティラインの薬用美容液で毎日お肌のケアをすれば、「お肌の隠れ炎症」が小さな炎症のうちにしっかりとケアすることができ、ハリのある若々しいお肌を保つことができます。


トリニティラインの薬用美容液は、最先端の技術で開発されました

トリニティライン
長年、医薬の分野で、老化と炎症の関係について研究していた経験を生かし、キョーリン製薬スキンケア研究所の英知と最先端の技術を結集して開発したのが、トリニティラインの薬用美容液「鎮(shi zu me)」です。

肌荒れを防ぎ、健やかな肌へ導きます

有効成分(抗炎症成分:グリチルリチン酸ジカリウム)配合で「肌の不調のもと」を鎮め、肌荒れを防ぎ、健やかな肌に整えます。

角層のすみずみまでうるおいで満たします

「ナノセラミドデリバー」が、角層のすみずみまで「セラミド」で満たし、バリア機能をサポートします。


トリニティラインの薬用美容液、使ってみました!

トリニティライン
トリニティラインの薬用美容液、今回モニターでお試しさせていただきました!ありがとございます!

テクスチャーは、プルプルとみずみずしい乳白色のジェルです。でも、なんか濃厚。
内蓋付き、スパチュラ付きが、なんだか高級感会ってうれしいです♪
個人的に、パッケージの「青」も上品な感じで好みです!

ちょっとうれしかったのが、フタの部分。開けやすいように、少しとがっている部分が3か所あるんです。クリームとかのフタって、なにげに手がすべってあかない!ということがあるので、「鎮(shi zu me)」のフタはすごく開けやすかったです!

トリニティライン

テクスチャーはやわらかいので、お肌に伸ばしやすいです。

カテゴリは「美容液」ですが、パッケージも使い心地も、まるでクリーム。
これでケアを終了していいのか、クリームでフタをした方がいいのか・・・自分に合う使い方を見つけたいと思います!


お肌の隠れ炎症には、早めのケアを!

トリニティライン
美しい素肌を保つためには、毎日のケアがすごく大切です。

お肌の「隠れ炎症」を早めにケアして、これから先も、若々しいお肌をキープしていきましょう!

トリニティラインの薬用美容液「鎮 (shi zu me)ご購入はこちらから>>>

< hr />

ドクタープログラム株式会社さんのブログリポーターに参加中です。

ABOUTこの記事をかいた人

6年間勤めた会社を辞めてフリーのWEBライターに。座右の銘は「初対面の勢いの良さ」。「いい奥さんになれそう!」と言われ続けてるのに、いまだに結婚できない30代女。ブログ月商9万円以上、月間6万PV以下。最も姉御感が強いブロガー(自称)。