月いくら稼げば安心できる?お金に対する不安をなくす、たった1つの方法とは

SPONSORED LINK

なっちゃん
現在独身32歳、お金に対する不安を常にかかえているライターのなっちゃんです。

「老後までに、いくら貯金すればいいんだろう?」

「今の給料だと毎月生活がギリギリ…この先大丈夫かな…?」

あなたは、こんな風にお金に対する不安を感じながら日々生活していませんか?

 

私も、常にお金に対する不安を抱えて生活しているひとりです。

現在32歳、独身、フリーランスでライターをしています。

毎月収入が安定しているわけじゃない、貯金もそんなにない、結婚の予定もない、私このままずっと独身…だったら老後大丈夫?と、漠然としたお金の不安を感じています。

 

今まで、どうやったら今感じているお金の不安を取り除くことができるのか、全くわかりませんでした。

でも実は、先日 「カイジ「命より重い!」お金の話」の著者、木暮太一さんのセミナーを聞いて、お金に対する不安をなくす方法が分かったんです。

 

セミナーでは、こんなお話を聞くことができました。

  • なぜお金に対する不安を漠然と感じてしまうのか
  • 老後にいくらお金が必要なのか
  • どうすればお金に対する不安がなくなるのか
  • その具体的な方法とは?

セミナーを受けた後は、お金に対する考え方を知ることができ、すごくスッキリしました!

今回、木暮太一さんのセミナー「命よりも大切なお金のセミナー」の様子をレポートします!

 

まずは、お金に興味があることを認めよう!

「もっとお金があったらいいのにな」

あなたは、こんな風に思ったことはありませんか?

 

私は、常日頃から「もっとお金が欲しい!」と思っています。

でも、なかなか口に出して他の人にこの想いを伝えることはありません。

木暮さん
お金の話をすることは、決して悪いことではありません。

日本人は「お金の話をするなんて…いやらしい!」という意識を持っているため、お金の話をぶっちゃけてする機会がありませんよね。

 

私自身も、お金にはすごく興味があるのに、仲の良い友達同士でもなかなかぶっちゃけてお金の話をする機会が今までありませんでした。

木暮さん
お金に興味がないと言った時点で、お金がたまらなくなる。

まずは、「お金に興味がある!」ということをしっかり自覚するところから、今回のセミナーが始まりました。

 

お金の守り方を知らないから、お金がなくなってしまう

お金に関する知識って、生きていくうえで欠かせないものなのに義務教育で教えてもらえませんよね。だからみんな、お金に関する知識を持っておらず、漠然と不安を感じてしまうんです。

お金の流れは、大きくわけて4つあります。

  • お金を稼ぐ(攻め)
  • お金を増やす(攻め)…投資
  • 節約する(守り)
  • お金を守る(守り)

 

この中で大切なのは「お金を稼ぐこと」と「お金を守ること」。

木暮さん
お金を守ることを知らない人が多いから、お金が奪われてしまうんです。

 

お金の流れを可視化できていないから、いつの間にかお金が無くなっている

「何か知らないけど、いつの間にかお金がなくなっている…」

「そんなにお金を使っているつもりはないの…なんで?」

こういう方は、自分で自分のお金を奪ってしまっています。

 

木暮さん
いつの間にかお金がなくなっていたと言うのは、1番いけてないパターンですね。

まずは、家計簿をつけて毎月のお金の流れを可視化することから始めましょう。

自分のお金の流れをつかむことで、お金の余裕を生み出すことができます。

 

月収は上がっているはずなのに、お金が足りないと感じてしまうのはなぜ?

木暮さん
今のあなたの月収は、社会人1年目の時と比べたら確実に多くなっているはずです。

それなのになぜ、毎月「お金がない」と感じてしまうのでしょうか?

 

給料が新卒の頃に比べて徐々に上がっているのに、上がっていると実感している人は少ないと思います。

それは、今の給料が生活のベースになってしまい、その金額に慣れてしまっているから。

 

会社のお給料は、来月元気に働くための必要経費を前払いでもらっているだけ

木暮さん
会社の給料は、その人が来月もちゃんと元気に働けるように、生活するための必要経費を前払いで渡しているだけなんですよ。

お給料の構造は以下の通りに決まっています。

  1. 食事
  2. 住居費
  3. 娯楽費
  4. その他、生活に必要なもの

 

木暮さん
食事をするためのお金、服を買うためのお金、生活するためのお金、 貯金するためのお金etc…これらを経費と考えて「お給料」として1ヶ月分前払いでもらって生活しているので、1ヶ月後になくなるのは当たり前なんです。

この話を聞いて「なるほど!」と思いました!

会社勤めをしていた時、「会社のお給料から貯金しよう!」と思っても、当時はなかなか難しかったです

がんばって節約してお金を浮かせて、その分を貯金する!という方法しかありませんでした。

 

木暮さん
会社からもらっているお給料だけで、お金の余裕を生み出すのはかなり難しい。お金の余裕が欲しい!お金の不安をなくしたい!っていう人は、別の収入源を持ちましょう。

 

貯金がどれくらいあれば、老後は安心!って言えますか?

木暮さん
将来のことを考えたときに、お金に対する漠然とした不安を感じている人が多いんです。

確かに、私自身も老後のお金について漠然とした不安を感じています。でも、具体的にどれくらい貯金があったら安心か、実際に考えたことがありませんでした。

 

木暮さん
不安を解消するために老後にいくら必要か、考えてみてください。

現在の私の生活費が約月18万。65歳で退職して85歳まで生きた場合、20年間は収入がない状況が続きます。

定年後、18万×12カ月×20年間=4,320万円の生活費が必要という計算になります。

このうち、年金(あるのか……)で補える部分もあるとは思いますが…4,000万円も貯金できる自信がありません。老後が不安すぎます。

木暮さん
今計算した金額があれば、定年後安心ですね!って言えますか?日々残高が減る恐怖…おそらく、定年するときに今算出した金額をポンッともらっても、お金に対する不安は無くなりません

 

いつでもお金を稼げるという自信があれば、お金に対して不安を感じなくなる

木暮さん
大事なのは、貯金額じゃないんです。最低限の貯金と、お金が入ってくると言う安心感。いつでもお金を稼げますよという自信があれば、お金に対して余裕を手に入れることができます。

 

今、実際に稼いでいる人たちは、貯金があるからお金に対して余裕を感じているわけではなく、「次も稼げる」という自信があるから、お金に対して余裕を持つことができているそうです。

 

木暮さん
次も稼げるって思っていたら、全然焦りません。それが大事なんです!これからも稼げるという自信があれば、お金に対する恐怖を感じなくなります。

老後のお金に対する不安を取り除きたい場合、先ほど計算した半分くらいの金額を老後までに貯金すること。

そして、定年後にお金が入ってくる仕組みづくりをすることが大切だそうです。

 

将来的に収入を確保するために必要な考え方は「手放すこと」が大事

今は体が元気なので、「お金を稼ぐ」=「自分で働いて稼ごう!」と思う人が多いと思います。

しかし、これは「労働」しているだけ。割のいいバイトを探してやっている状態です。

 

自分で働いた方が時給が高いし簡単に稼げるから、「稼ぐ=自分で働く」と考える人がほとんどなんです。

 

でも、65歳以上になると今のように元気に働くことができないので、老後のことを考えたときにこの考え方は意味がありません。

木暮さん
将来的に労働ではない収入源を確保したいと思っている方は、持っている仕事をいかに手放していくかという考えた方がすごく大事なんです。

 

 

今持っている仕事の中で、20%だけは自分でして、残りの80%を手放して外注するというイメージです。

そうすると、今まで自分でやっていた「80%」にかかっていた時間が空くので、空いた時間で新しい事業を始めることができます。

 

100%の事業を作って、80%手放して20%だけ自分でやる。そして、また100%の事業を作る。これを繰り返していきます。

木暮さん
お金の余裕を手に入れるために、これが絶対必要な考え方。自分が動かなくても良い仕組みを今から作っておけるかどうかが、老後にお金の不安を感じずに生活していくカギです。

 

お金に対する不安をなくすためには「手放す」が絶対必要な考え方

  • 今の自分の収入源のうち、20%をのこして、80%は誰かに外注する
  • パフォーマンスは100%残すために、誰にどんなことをお願いするか?
  • こんなことができる人に、これお願いする!と、考えてみる

上記を踏まえて、自分の今の仕事を誰に振ることができるのか、考えてみてください。

そう考えたときに、他の人に仕事渡すなんて正直もったいない!って思いませんでしたか?

木暮さん
目先の欲で、100%全てを手に入れようとしてしまう。この考え方が、いつまでたってもお金に対する不安が拭えない理由です。

 

老後に向けて、自分が動かなくても稼げる仕組みを今から作っておこう

仮に、参加費10万円のセミナーを開催するとします。

主催者は会場には行かず、セミナー内容を動画にまとめ、スタッフに当日のセミナーの進行や質疑応答を任せるとします。

参加者が20人いた場合、売り上げは200万。うち、80%(160万)をスタッフに渡し、残りの20%(40万)が主催者の売上になります。

 

あなたは、この状況になったときに160万を手放すことができますか?

これが実践できなければ、今後もずっと労働に縛られ続けてしまいます。

木暮さん
あなたが当たり前にやっている仕事にも、やらなくていいことがたくさんある。それを、お金を払って手放すことがすごく大事なんです。

先ほどのセミナーの例で言うと、160万を手放すことであなたの時間に余裕ができ、また新しいことを始めることができます。

 

この、「20%を積み上げていく」を意識して、どんどん仕事を積み上げていきましょう!

木暮さん
積み上げ型のビジネス活動が最強。自分が体動かさなくても、いろんなところから収入がある状態を作り出しましょう。

 

自分の仕事を細分化すれば、80%を優秀な人に渡すことができる

「じゃあ、どうやってビジネスを生み出すか?」と考えたときに、息詰まる人がほとんどですよね。

ビジネスの作り方は、主に3つあります。

  • 自分ができることをする(コンサル等)
  • 自分が持っているものを売る(物販)
  • 他人のものを売る(営業)
木暮さん
現代は、すべてのものが余っている時代。モノだけではなく、仕事ができる人があまりまくっている。100%のビジネスを生み出して80%を手放すと考えたときに、仕事をお願いする相手がすごく余っているんです。

物事をざっくり捉えてしまうと、「これは自分の分身にしかできないこと!」と思ってしまい、結局今の仕事を誰かに渡すことができず、100%自分でやってしまいます。

そうすると、いつまでたってもお金の余裕を生み出すことができません。

「これは私にしかできない仕事だよね」って思っている方は、誤解です。

 

自分の仕事を細分化すれば、「ここの部分はだれかに渡そう」と考えることができるようになります。

そうすれば、今自分がしている100%の仕事量を80%誰かに渡すことができ、自分は20%しかしなくていいので、また新しビジネスを生み出すことができます。

 

お金に対してなぜ不安なのか、初めてちゃんと向き合えました

私自身、今までずっとお金に対する不安を感じながら生きてきました。不安を感じつつも、その原因に向き合ったことがなかったんです。

でも、今回木暮さんのセミナーに参加して、なぜお金に対して不安を感じているのか、その原因や対策方法を知ることができました。

 

また、老後に必要な貯金額や、どうやってお金を生み出していけばいいか、その考え方まで詳しくお話を聞くことができたので、あとはやるだけだな!って、セミナーを受けた後はお金に対してすごく前向きな考え方ができるようになりました。

お金に対してこんなに真剣に考えたことは、正直初めてだったかもしれません。

 

私みたいに、お金に対する不安を漠然と抱えて生きている人は、木暮太一さんのオンラインサロンでお金と時間の余裕を手に入れる方法を学びませんか?

サロンに参加すれば、1年以内に自分の考え方と行動を変えることができ、収入の上げ方を身に付けることができます。

5年後には、自分が希望する収入額を得て、好きなことを仕事にできているはずです!

 

木暮太一さんの、自分の価値を上げるオンラインサロンお申し込みはこちら!

ABOUTこの記事をかいた人

6年間勤めた会社を辞めてフリーのWEBライターに。座右の銘は「初対面の勢いの良さ」。「いい奥さんになれそう!」と言われ続けてるのに、いまだに結婚できない30代女。ブログ月商9万円以上、月間6万PV以下。最も姉御感が強いブロガー(自称)。