友達にお金を奪われたらどうする?お金のことを赤裸々に聞ける、マネバナカンファに参加!

SPONSORED LINK

なっちゃん
お金大好き、WEBライターのなっちゃんです。

みなさん、お金大好きですか?

他の人のお金の事情、お金に対する考え方、気になりませんか?

 

今回、「マネバナカンファレンス2017梅雨」イベントに参加させていただきました!

というのも、お世話になってるやぎぺーくんに誘ってもらったからです。

やぎぺー
なっちゃん、日曜日ヒマ?俺のこと、紹介してくれない?
なっちゃん
ヒマ!行く!…ん?紹介?
やぎぺー
その日、登壇するんだけど、その前に誰かに紹介してもらわないといけないらしくて
なっちゃん
なるほど!行く!

正直、当日までマネバナカンファレンスの概要など全く知りませんでした。

 

でも、実際に参加してみると…
お金のことや仕事のこと、いろんな方面からの話が聞けてめっちゃ楽しかったです。

自分の好きなことを仕事にしている方が多いことにびっくり!

 

今回、やぎぺーが登壇した第2部「お金と仲間・同志」部分のレポートを書かせていただきます!

 

講演会の第2部「お金と仲間・同志」登壇者はこの3人!

「お金と仲間・同志」の登壇者は、なんともタイプが違いすぎる「柚木昌宏さん、菅澤治希さん、八木仁平さん」の3名。

まずは、簡単に登壇者の紹介から!

 

40歳、現在無職。 柚木昌宏さん

2017年3月末で、11年間勤めた会社を退職。

4,000万円の年収を手放し、世界中の人がワクワク生きる世界を創るために起業準備中。

高田さんからは、「頭の聡明な方、突っ込みどころがある、人間力がある」と紹介を受けていました。

 

「今日死ぬかもしれない」と自由気ままに生きている  菅澤治希さん

今回、マネバナカンファのロゴや看板のデザインを担当されてる、菅澤さん。現在、都議会議員に出馬中で、杉並区の駅前で挨拶をされているそうです!

「おもしろいから、是非、すがさんの生き方に触れてほしい!」と、高田さんから紹介を受けていました。

 

ブログだけで生計を立てている 八木仁平君

現在「やぎろぐ」というブログを運営し、ブログだけで生計を立てている24歳。

大学卒業後、「おもしろそうだから」という理由でキャンピングカーで日本中を旅する生活を始めるも、自分の内向的な性格に合わずに4か月で挫折。

その後、「住みやすそうだから」と福岡で生活を始めるも、人間関係をうまく作れずに5か月で挫折。

先日、「ちんちんJAPAN」というメディアを立ち上げて、各方面からものすごい反響を受けるも、現在閉鎖を検討中。

 

そんな、自分が「おもしろそう」ということを見つけた瞬間から行動に移し、どうマネタイズができるかを考えて、ブログやSNSで発信してる様子が、特に同世代から支持を集めています。

 

こんな風に、当日はやぎぺーのこと紹介させていただきました!

なっちゃん
人前でマイクもって話すの、めっちゃ緊張した…

 

「すごく信じていた仲間から、全財産を奪い取られてしまった。あなたならどうする?」

  • A:諦めて付き合いを続ける
  • B:どーにかこーにか奪い返して、縁を切る
  • C:その他

今回は、こんな質問から始まりました。

登壇者の意見を聞く前に、各テーブルでディスカッションを行います。

 

私が座っていたテーブルでは

  • 「お金返してほしくても、行方が分からなくなったら諦めるしかないよね…」
  • 「とりあえず、話聞いてみるかな?」
  • 「どうしようもない理由だったら、もうお金あげちゃう!」

などなど、様々な意見が飛び交ってすごく盛り上がりました!

各テーブルでひとしきり意見が出てからは、いよいよ3人の講演会がスタート!

 

菅澤さん:

菅澤さん
僕はCですね。

お金を返して欲しい体で話を進めるんですけど、実際は相手に委ねます。お金が返ってくるか返ってこないかは、どちらでもいいんですよね。笑。

今までの経験上、そのまま気まずくなって関係が離れていくっていう方が多かったです。僕自身は普通に話しますし、あまり気にならないんですけどね。

 

柚木さん:

柚木さん
リアルに騙し取られた経験があります。

32歳くらいの時に、頑張れば稼げる世界にいたので、仕事を一生懸命頑張っていたんです。必死に働いていたのでお金も少しずつ貯めることができていました。

そんな時に、ある詐欺師に出会ったんです。最初は詐欺師だということに全く気付かずに、「素晴らしい人に出会えたな。神だな」と思っていました 。

その人と会う回数が増えるうちに、色んな話を持ってきてくれて、お金を出すようになったんです。気がつけば短期間で1000万円ものお金を持っていかれました。

最終的に、詐欺師のバッグにヤバそうな人がついていたことがわかって「このまま突っ込んで行ったらやばいな 」と思って、逃げ出してしまいました。

今思えば、訴えれば勝てたかもしれませんが、当時の僕にはそんな勇気はありませんでしたね。笑

 

とりあえず、お金を騙し取った人のバッグに何かやばそうな人がいたら、関係を切っちゃいます!

 

八木君:

やぎぺー
僕も「C」で、即縁を切るかなと思います。

最近、信頼していた子に10万円くらいの仕事を頼んでいた事があったんです。でも、その後連絡が全く取れなくなって、音信不通になっちゃったってことがあって…。

この出来事があってから、「あ、この子は(自分にとって)深く関わらなくていい人間なんだな」って思って、即縁を切りましたね。

 

でも、その後に怒りが湧いてきて、あることに気づいたんです。

「ひょっとしたら自分自身も、今回の様な事を気づかないうちに他の人にやってしまっていたのかな?今回の出来事は、今までの僕の写し鏡として自分の身に降りかかってきたんじゃないかな…」

って反省することができました。

今回のことで、過去の自分を反省しつつその子とは縁を切りましたね。

 

菅澤さん:

菅澤さん
ちょっと補足してもいいですか ?

僕っていつも収入が低いんですよ、ギリギリを生きているので。お金を借りるって言う事をまず知らない人なので。なので、奪われるお金がそもそもないなっていう。笑

(会場爆笑)

持っていても数万円程度なんです。だから僕、許せちゃうんだろうなって思って。

 

ここからフリートーク!まずは、「自分とお金の関わり方」とは?

柚木さん:

柚木さん
お金ないのに、議会ってどうするんですか?お金かかるんじゃないんですか?

 

菅澤さん:

菅澤さん
今回、僕って出させてもらったっていう形なんですよね 。

まだ、都議会議員になれていないのになんとも言えないんですけど、お金かかんないと思います。笑。

「菅さん出る ?」

「え、いいんですか?」

「いいよ」

「じゃあやるぅ!」

こんな流れだったんですよね。

 

ちなみに僕、当選しても議員報酬はもらわないつもりです。議会に出た時だけ日当が出るっていうバイト議員になろうと思ってます。いつでもフリーターなので。笑

都議会って月に4回くらいしかないんですよね。2割削減って言われてるんですけど、議員って年収1200~1300万ぐらいもらってるんですよ。週1換算なのに、そんなにもらうのかよ!いくらもらってんの!?っていう。

それだったら議員報酬はもらわずに、議会に出た時だけ日当をもらう「割のいいバイト」だと思えば十分だと思うんですよね。そもそも僕、あんまりお金に興味ないんで。笑

 

柚木さん:

柚木さん
僕、今年の3月末で前職を辞めました。

すごく好きな仕事だったんですよね、使命感も感じていて。でも、もっと世の中を沸かせる様な命の使い方をやりたいなと思って、自分の目指す方向に舵を切りました。

会社を辞めて、「なんとかなるだろうっ」て自信はありますけど、「どうなっちゃうんだろう」と不安に思っている自分がいて。

今思えば、会社員の頃は「お金を稼ぐ」ということで、自分の人生を決めてしまっていたんですよね 。

 

でもそうじゃなくて、やりたい事があって それを実現するためにお金を稼ぐ!自分を追い込む!ほうがいいんじゃないかなぁ?って思って、仕事辞めたんですよね。

ぺーさんは?

 

八木君:

やぎぺー
最近、仲間にお金を回すようにしています。

お金と仲間っていうテーマでいうと、最近は自分で稼いだお金を自分の手元に残さずに、好きな人に仕事を振ってお金を回すようにしてますね。

 

例えば、さっき僕を紹介してくれたなっちゃんに、ライティングの仕事をお願いすることもあるんです。

なっちゃんに5万円で仕事をお願いしたことがあって、なっちゃんが僕からもらったそのお金で、新しく自分が勉強したい講座に通っているらしいんですよね。

その話を聞いて、自分が渡したお金が仲間の実になっているっていうのがすごく嬉しくて。「自分の知り合いにお金を使う」っていうことを、最近は実践しています。

 

菅澤さん:

菅澤さん
僕の場合、いい値でやっちゃうんですよね。

どんな風に値付けしたらいいかもよくわからなくて。笑

キングコングの西野さんが「お金の奴隷解放宣言」したじゃないですか。僕、あれを聞いてその通りだなーって思ったんです。

その金額を払わないとそれができないって言うのは、おかしいなって思ったんですよね。

 

今までは似顔絵書くのを3000円で受けてたんですけど、この話を聞いてからは言い値でやるようになりました。そもそも、お金にあんまり興味ないんで。笑

現金じゃなくてもいいんです。お米券でも、アマゾンのギフト券でも、お土産でもなんでもいいんです。僕が書く似顔絵と同じ価値だと思うものを貰えればいいなって思うようになりました。

もともとお金持ちになりたいっていう願望がないんですよね。あっても、全部使っちゃうと思うので。

 

常に「明日死ぬかもしれない」と思って生きてるんです。それだったら面白おかしくしたいよねって思って。

 

マネバナカンファはおもしろい!登壇者も、お金を払って参加している!

菅澤さん:

菅澤さん
マネバナカンファって、すごく面白いなーって思って。

みんなお金を払って参加していて、そのメンバーで運営している。今日の冊子を作ってくれたり、受付をしてくれたり、お水を買ってきてくれたりとか、登壇者としてこうして登壇したり、お金を払ってる人がやってるんですよね。

 

八木君:

やぎぺー
最初、高田さんから誘われた時に 「え?登壇するのにお金払うの?」って思って。

でも、気づいたら参加費を払ってました。笑

 

柚木さん:

ここに参加している方は、知らず知らずのうちに「マネバナカンファ」に関するワクワク感を感じていたのかもしれませんね!

 

環境が変わると、周りの人たちの反応や付き合う人って変わりましたか?

柚木さん:

柚木さん
変わりましたね!

会社を辞めてからは特に、出会う方みんな素晴らしいなって思うようになりました。

今までは自分の仕事の成果を出すためにって考えて、お金を持っている人ばかりと関わっていた自分がいました。「お金あるのかな、ないのかな」っていうところで判断していたんです。

その考え方を手放してみると、お金云々じゃなくて、 みんながんばって人生何とか前に進めようとしているな!っていうのが、見えてくるようになりました。

 

八木君:

やぎぺー
ブログでそこそこ稼げるようになってから、いろんな人からメッセージが来るようになりました。

現在、約200人規模のブログのオンラインサロン運営しています。僕が「ブログで稼いでいる」って発信しているので、参加者の中には、ブログで稼ぐためだけの表面上のノウハウだけ学んでやろう!っていう方もいました。

結局、僕の人間的な魅力を感じてくれた人が仲間になっていくのかなって、今聞いてて思いましたね。

 

菅澤さん:

菅澤さん
僕の場合、全然お金を稼いでないんですけど、行動が面白いって言ってくれる人が多いんですよね。

僕のコンセプトに「誰よりも下になる」って言うのがあります。とって自分よりも下がいると安心できるじゃないですか。僕がそこにいることで誰かの支えになっているんだなっていう達成感を味わっているんですよね。僕、それが楽しくなっちゃうんですよ。「すげぇな、俺」っていう。

なにかあったときは、周りの人が助けてくれるし、「なんでもやるから、僕の時間買ってくれませんか?」って言えるようになりました。

将来に対する不安も、ないですね。明日死ぬかもしれないって、常に思っているので!笑

 

最後に、ひとことずつ!

八木君:

やぎぺー
最近、お金のことについてすごく考えています。

今回、「お金と仲間」というテーマを与えて頂いてどんな話ができるかなってすごく楽しみにしていました。

登壇者それぞれで話すことも考えていることも違って、同じことを考えている人ってほとんどいないんだなって思ったので、このあとの皆様のお話を聞けるのも楽しみにしています。

あと、「やぎろぐ」というブログを書いているので、是非検索して読んでください。

 

柚木さん:

柚木さん
今貯金は若干あるけど、稼ぎがない!仕事はない!という状態です。

「仕事がなくてもなんとかなるよ!お金がなくても、毎日笑顔で笑えてる、いっしょに過ごしてくれる仲間がいるんだ」っていうことを言ってくれた人がいて、この言葉にすごく支えられています。

仕事がないってことは、自分を何者か証明してくれるものがないって不安はあるんですけど、「肩書がなくてもなんとでもなる」っていう自分でいたいとも思っています。

今自分が執着しているそれを手放してみると、本当に欲しいものが手に入るかもしれません。

 

菅澤さん:

菅澤さん
僕は、稼ぐ才能ほぼほぼゼロです。笑

お金がなくても議会候補になれたりするので、自分がお金がないってことを、低く思わないでください。なんとかなるので。

お金がないってことは、お金を稼ぐ才能がないってことだと僕は思います。僕、お金を稼ぐ才能がないんですよね。

お金を稼ぐって言うことは才能だと思うので、それは、才能がある人に任せましょう!で、もらいましょう!そしたら、みんな丸く収まると思います!

 

お金に縛られずに、自由に生きている人がいっぱいいました!

今回参加させていただいた「マネバナカンファレンス」。

 

こまめに席移動があって、いろんな方とお話させていただきましたが…みなさん共通して「人生楽しく行きたいよね!」と笑顔でお話されていたのがすごく印象的でした。

私よりも年齢が上の方でも、新しいこと言チャレンジされていたり、今会社勤めをしていて「このままじゃダメだ!」と生き方を模索している方だったり…

 

普段だったら会えないような方にいっぱい会えて、刺激的過ぎる時間でした!はー!

なっちゃん
私も、もっともっと人生楽しんでいこう!

そう思えた1日でした!

ABOUTこの記事をかいた人

6年間勤めた会社を辞めてフリーのWEBライターに。座右の銘は「初対面の勢いの良さ」。「いい奥さんになれそう!」と言われ続けてるのに、いまだに結婚できない30代女。ブログ月商9万円以上、月間6万PV以下。最も姉御感が強いブロガー(自称)。