【ご報告】来年、家族が増えます!

2018年4月、10カ月の遠距離恋愛を経て33歳で結婚。

約1年ちょっとのんびり2人で結婚生活を楽しんできましたが、来年の1月、家族が増えることになりました。

 

▼音声で聞きたい方は今日のボイシー(音声ラジオアプリ)聞いてね!

#217 いつも聞いてくださっている皆様にご報告!>>>

 

   

2019年5月のある日、妊娠発覚

もともと、子供好きな私たち夫婦。

なっちゃん
子供欲しいね~!

とは話しつつ、具体的に「いつ子供作ろう!」なんて話は一切していませんでした。

 

3月のある日、今後の自分のスケジュール(主にV6のコンサート)を考えたときに、

なっちゃん
あれ?子供作るタイミング今なんじゃないか…?

と急に思い立ち妊活開始。

(妊活と言っても、ほぼ何もしていないに等しい)

 

生理周期だけはずっとアプリで記録していたので、なんとなくの排卵日を把握し、幸せなことに妊活開始後すぐに妊娠することができました。

 

妊娠がわかって、今までの生活が90度くらい変わった

妊娠がわかってから今日まで、嬉しかったことも山のようにありますが、初めてのことに戸惑うことの方が正直多かったです。

 

自分が妊娠するまで全く知らなかったんですが、赤ちゃんの心臓が動いているか確認できるまでは、流産のリスクがめちゃめちゃ高いそうです。

(12週までは、流産の可能性が高いと言われている)

 

この時期に起きる流産は、赤ちゃん自体の染色体等の異常。

受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。この場合、お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどないと言って良いでしょう。

引用元:流産・切迫流産

 

正しい数字かわかんないけど、6~7人に1人は「妊娠超初期」と言われる時期に流産してしまうんだとか。

この数字は、年齢を重ねれば重ねるほど高くなるらしく、30代後半に突入すると20%の確率になったりするらしい。(※諸説あります。詳しくは自分で調べてね!)

 

「安定期に入るまで、いつ何が起きてもおかしくない」

5月に妊娠がわかってからは、「大丈夫かな…」と不安に思いながら過ごす日々。

 

最初の頃は2週間に1回病院に行っていたので、病院のエコーで動いている赤ちゃんを見て、

なっちゃん
よかった、元気に生きてる…!

とホッとしていました。

 

それと同時に、体にも少しずつ変化が起きてきます。

  • つわりで今まで通り生活ができない
  • お酒大好きなのに、1年以上の禁酒
  • カフェインレス生活スタート
  • 友達とごはん食べるときもソフトドリンク。その理由がまだ言えない。
  • わからないことは、旦那さんと2人で乗り越えるしかない

つわりのこととか禁酒のこととか、ここらへんはまた別の記事で詳しく書きます。

 

ただひとつ言えるのは…色々大変!

 

特に妊娠初期の頃は、「つわりで眠くなる(眠りつわり)、お酒飲めない、食べられるものが限られる、気分悪い…でも、周りに言えない!」ということが本当に大変。

 

私の場合、フリーランスとして働いていて自宅で仕事をしているので、

なっちゃん
ヤバイ眠い…昼寝しよう
なっちゃん
なんか気持ち悪い…ちょっと休もう…

がすぐできたけど、会社勤めしてる人とかは「妊娠してる」って言えない中いつも通り働かないといけないから、マジで無理すぎるのでは…と衝撃を受けています。

 

世の中のお母さんたち、妊婦さんのこと、本当に尊敬する…すごすぎるよ…

 

やっぱり、自分が当事者にならないとわからないことだらけですね。

 

今は、わからないことがあったらお母さんに聞いたり、旦那さんと2人で調べたりして乗り越えています。

 

   

ようやく安定期!体調もやっと落ち着いてきた

ご飯を食べたらとにかく眠い…の眠りつわりと、生野菜と果物しか食べたくないつわりの時期を乗り越え、ようやく最近は落ち着いてきました。

 

私の場合、つわりはそこまでひどくなくて、なんとか無事に安定期突入しそうです。

 

妊娠発覚してからは、できる限り外出しないようにして家で過ごすようにしていました。

自分でも、自分の身に何が起こるかわかんなくて、とにかく自宅で安静。

週5日は何かしらの用事で外出していたのに、今は週1予定が入るかな?程度に調整しています。

 

妊婦生活もあと半年。

正直、自分の中で赤ちゃんが育っていることが何となく不思議で、未だに「自分の中から赤ちゃんが出てくる??本当に??」状態です。

 

少しずつお腹も大きくなってきたので、貴重すぎる今の時期を楽しんでいきたいと思います。

 

はじめての家族写真!(photo by カメラマンじょりちゃん

 

自分が妊婦になってはじめて気づいたんですが、

なっちゃん
妊娠初期の体験談、あんまりないのでは…?

 

流産の可能性が高くて、何が起こるかわからない妊娠初期。

 

安定期に入って「妊娠しました!」とSNSでも公表する方が多い中、「妊娠初期」のいちばんわからないことが多い時期のこと、ネットを頼りたい時期のことを発信している方が少ない印象でした。

 

なので、ひょっとしたら私のこの体験が誰かの役に立つかも…?と思い、インスタで妊活スタート時からのことを少しずつ時系列でまとめています。

 

▼こんな感じの投稿してます

「妊娠したら、どんな生活になるのか知りたい」

「予習しておきたい!」

という方、ぜひフォローお願いします。

【インスタ】妊娠記録用アカウント>>>

 

私も、自分が妊娠したらどうなるかなんて、今まで1回も考えずに34年間生きてきました。

いざ、自分が妊娠して慌てるよりも、「こんな感じなんだ~」くらいを頭に入れておく、今から予習しておけば、いざ自分が妊娠したときに慌てずに済むはず。

 

あと、男性にもぜひ知ってほしい。

妊娠したら、女性の体にどんな変化が起こるのか。どんな気持ちで日々過ごしているのか。

 

いちばんそばにいて支えてほしい存在に、「つわりで眠い?何それ甘え?」なんて言われたらもうそれだけで関係性が崩れます。

妊娠中、本当に自分の思うように体が動かずに悔しい思いをしているのは妊娠している本人なのに、それを理解してもらえない、協力してもらえないのはつらすぎる。

 

眠りつわりがつらい時期、マジで毎日寝てばかりの私でしたが、旦那さんが家事をいつも以上にやってくれてたおかげで本当に助かりました。

 

  • 妊娠中に悩んだこと
  • 妊娠中の様子
  • 妊婦さんにオススメなもの!

などなど投稿しているので、ぜひよろしくお願いします!

 

【インスタ】妊娠記録用アカウント>>>

 

ということで!

2020年のオリンピックが開幕する前に、3人家族になります。

今年の10月には福岡への引っ越しも控えているし、なんだか今からさらにバタバタしそうです。

 

またひとつ、34歳にして初めての経験ができていることにワクワクしつつ、日々楽しんでいきたいと思います。

今後、妊娠中のことはまた記事にしていきたいなと思っておりますのでよろしくお願いします!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/美容ブロガー)

6年間コスメ関連の会社に勤めた経験から、コスメ・美容に関して興味を持ち始めました。デパコス~プチプラまでいろいろなコスメを使う中で、本当におすすめなコスメやイマイチなコスメを本音で紹介中。ズボラだけどきれいになりたい、楽してきれいになる方法を紹介中。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。