【#箕輪福岡レポ】全社会人に届けたい6つのこと。仕事に対する想いが180度変わった。

SPONSORED LINK

なっちゃん
福岡講演会のサポートしてました!

ライター兼ブロガーのなっちゃん(@sera_natsu です!

3月9日(金)福岡で箕輪厚介さんの講演会が開催されました。

 

箕輪さんの言葉が、突き刺さりまくった。

とにかくがんばろう!って思える90分でした。

講演内容が全社会人に伝えたいことだったので、私なりにまとめます。(備忘録)

 

講演会を聞いて、特に印象的だった6つのポイント

私自身、今回の講演会が箕輪さんにお会いするのは初めて。

講演会の運営スタッフをさせていただくにあたり、とにかく箕輪さんのことを調べたんです。

調べれば調べるだけ、とにかくすごく興味深い…。

なっちゃん
どんな人だろう…生の声聞けるの超絶楽しみ。

そう思って挑んだ本日、本当に楽しかった…!

 

中でも印象的だったのは6つ。

  1. 大学生の時はとにかく自分と向き合うこと
  2. 自己肯定感 or 逆境があるやつは強い
  3. Aの場所でできないやつが、Bの場所でできるわけがない
  4. 揺るがない自分のポリシーを持つことが大切
  5. 「ミスが怖い」という発想がない
  6. その瞬間瞬間を必死に生きて、今の状態になっている

それぞれについて、詳しくお話ししていきます。

 

①大学生の時はとにかく自分と向き合うこと

大学生におすすめなのは「自己分析」をしっかりすること。

 

自分にしっかり向き合えれば、就活でもうまくいく。

1人旅とかがおすすめだとか!

(社会人になったら、なかなか自分と向き合う時間が取れない)

 

②自己肯定感 or 逆境があるやつは強い

  • 自己肯定感
  • 逆境

このどちらかを持っている人は強い。

 

箕輪さんは、小さいころから自己肯定感がすごく高かった。

 

③Aの場所でできないやつが、Bの場所でできるわけがない

「今やってる仕事は自分の希望している仕事じゃない」

「希望の部署で働けない」

とか、言ってる場合じゃない。

 

とにかく今の場所で結果を出すこと、今の場所で自分がやりたいことをどう実現するか動くことが大切。

 

④揺るがない自分のポリシーを持つことが大切

  • 自分の中のポリシー
  • 圧倒的な目的

これを持っているかが、すごく大切。

 

⑤「ミスが怖い」という発想がない

箕輪さんの中に「ミスが怖い」という概念がもともとないんだとか。

ミスが起きるのは、高いハードルを越えようとしているから起きる。

このミスをどうカバーするかで、自分のブランディングにもつながる。

 

⑥その瞬間瞬間を必死に生きて、今の状態になっている

仕事をするうえで、その瞬間瞬間を必死に生きること。

そうすれば、1年後同じことをやっていたら余裕を感じることができる。

 

自分はまだまだ甘いな…そう実感しまくる90分でした

仕事への向き合い方、考え方。

  • 自分はこの瞬間を一生懸命やれているか?
  • くだらない言い訳を自分にしていないか?
  • 自分が突き抜けることができることは何か?

まだまだ自分は甘すぎるな…そう感じた90分でした。

箕輪さんの言葉がどんどん突き刺さりまくって、かなり刺激をいただきました。

とにかく「ミス=失敗」と恐れずに!いろいろ飛び込んでいこうと思った講演会でした。

 

参加していただいた皆様、話しかけてくださった方!、運営チームの皆様、ありがとうございました^ ^

 

 

※興奮のあまり、誤字が多いツイート内容で申し訳ないです。

ABOUTこの記事をかいた人

なっちゃん(ライター/ブロガー)

正社員時代、女ばかりの社内抗争に巻き込まれ、給料が手取り22万→18万に減らされた経験からフリーランスに転向。30歳からライター&ブロガーに。32歳で月収50万突破。学歴&資格なしでも、自分の力で稼げることを証明中。株式会社MeeeのCPO。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。